建築家・設計事務所 大阪|注文住宅の住宅設計
建築工事費の把握と流れ(新築・リフォーム)



設計事務所・建築家と創る住宅

 


 

建築工事費費用は、約40年を超える建築経験にて概ねを記しております。今後の法改正、経済状態などにより、異なります。

 


 

 

 

新築の場合

A. 建築工事にかかる費用

建築工事にかかる費用は、建築物の用途・仕様、構造(木造・鉄骨・コンクリート)、平面(長方形・ドーナツ形状など)・断面・立面、規模(施工延床面積)、建材・設備の内容、敷地の環境(道路・近隣の高低差・地盤)、給排水状態、他多くの要素に左右されます。又、建築家が手掛ける設計は、1件1件お客様に応じて造り上げますので、一言で工事金額を表現する事は無理が生じます。

そのため、規格化された建築物を造っているハウスメーカー・住宅建売業者などのように坪単価=〇〇万円/坪という価格表記はできません。当設計事務所が表現する坪単価=〇〇万円/坪という金額は、過去の多くの実績による大まかな想定金額です。

家/住宅・マンション・ビル・店舗の新築・リフォームの設計

B. 建築工事費の把握と流れ

A項をご理解の上、当設計事務所では下記のようにご依頼主様に建築工事金額の把握をして頂いています。

 

. 長年にわたる建築実績と建築知識の考察により、大まかな想定工事金額を提示し、企画・計画を行います。
  ※ 想定工事金額は世の中に同一建築物・内容が存在しない為、次項の概算工事見積書と大きく異なる場合があります。

 

. 企画・計画が決まった時点で、工事施工会社に概算工事見積書を算定して頂きます。

 

  他では設計業務の完了後に見積りを取る所が多いですが、当設計事務所ではお客様の要望と予算との適性を早い段階で見極

  めるために、計画案を作成した段階で施工会社に概算見積りを取り、予算の調整を行い、仕様や建材などの検討を行います。
  次項 3において算出する最終見積書とは増減は生じますが、1よりも確実性のある『建築工事費の目安』となります。

 

. 企画・計画を基に、基本設計・実施設計(細部にわたる設計)を進め、設計図書完成後に工事見積書を算定します。

 

   のプロセスを設ける事により、基本設計(役所に提出する設計図書)作製前にご予算の検討ができるようになります。

 

 

C. 建築工事費の目安

.今までに設計した建築物の 注文住宅 の場合の構造別の坪単価(万円/坪)(税抜き)の目安(地下階を除く)。
 ①. 木造 (金物止め工法)  約70~130 万円/坪
 ②. 鉄骨造          約90~150 万円/坪
 ③. コンクリート造     約100~200 万円/坪

※1.上記坪単価は建築本体及び、建築本体に付属する各種設備などの合算。地盤補強・外構工事・給排水引き込み工事は別です。

※2.上記坪単価はA項に記載の要素、建築基準法の更新・諸官庁の指導、建材・工法の変革、他により変わります。

.建築工事費の坪単価(万円/坪)が上がる主な設計要素(建築物本体とする)の一例を下記に示します。
 ①. 施工延べ床面積が20~25坪程度の狭小建築(建物の床面積やボリュームが小さい建築)や、狭小敷地の建築物。
   (狭い面積に多くの要素を取り入れる必要がある為)
 ②. 近隣商業地域・準防火地域等の建築物。(法規制が厳しく住宅地域に比べ、高品質(高価格)の建材等を用いる必要がある為)
 ③. 住宅室内の天井高さ(通常約2.35~2.4m)を高くしたり、吹き抜け等を設ける場合。
 ④. 高額の内装・建材・設備を導入する場合。
 ⑤. 外観・平面が、中庭・吹き抜けを有するドーナツ型・変形・外壁面を多く有する形状の建築物。 平屋建ての建築物。
 ⑥. 敷地形状・環境によるもの。(近隣に石垣がある、旗竿地、道路・近隣と高低差がある、近隣の境界問題、他)

 

 

建築の構造工法(木造・鉄骨構造・鉄筋コンクリート構造、鉄骨鉄筋コンクリート構造)

木造

柱・梁の組み立てを完了

柱・梁の組み立てを完了

屋根の断熱板(合板+断熱材+合板)を張る

屋根の断熱材組み込み合板(合板+断熱材+合板)を張る

鉄骨構造

鉄骨構造の建築

鉄骨造の建築:柱~梁を架構中の状態

鉄骨構造の建築

鉄骨造の建築

鉄筋コンクリート構造

  • 鉄筋コンクリート構造

    鉄筋コンクリート造の鉄筋組

  • 鉄筋コンクリート構造

    鉄筋コンクリート造の型枠組み立て

鉄骨鉄筋コンクリート構造(大型のビル・マンションなどの場合)

  • 鉄骨鉄筋コンクリートの設計

    鉄骨鉄筋コンクリート造:鉄筋・型枠組み立て

  • 鉄骨鉄筋コンクリートの設計

    鉄骨鉄筋コンクリート造:鉄骨柱周りに鉄筋設置

リフォームの場合

 

注文住宅・マンション等のリフォーム・リノベーション部分の解体後、建築物の構造・設備上の状況や劣化、想定外の腐朽・老朽等により、予想外の工事が必要となる時があります。

このため、リフォーム・リノベーション工事にかかる費用は、個々の工事の規模や建築物の種類・階数・広さ・内容によって異なります。よって、工事費用は、一概に一坪(面積)あたり○○万円という表示ではできない事を、あらかじめ理解しておいて下さい。

リフォーム会社の新聞折込広告、リフォーム会社のイベント等で見る ≪ 工事費 = 床面積 × 坪単価 ≫ の文言は、ご注意下さい


    当設計事務所(建築家)では行っておりません。


前述の多くの場合、お客様のご要望が組み込まれず、最初は格別の安さを謳い文句で誘致し、「この仕様は、追加・・・、あの工事は想定外のため追加・・・」となり、工事が完成する時にはご予算より相当な追加費用が要る場合が多くあります。

当設計事務所では長年の経験のもと、ある程度の想定金額を提示して業務にあたります。この想定金額は、リフォームのご要望内容、建築物の規模・形態・構造・腐朽程度により大きく異なりますので、それぞれに応じて、ご提示しております。

ご依頼を受けた場合、目視による工事内部(外壁・床下・天井裏など)の目視確認や、お客様との意見交換の基、企画・計画が決まった時点で、工事会社に概算工事見積書を作製提出して頂き、お客様のご了解を得てから更なる設計を進めます。

設計が終わり再度、工事会社より見積書を提出いたします。

スケルトンリフォーム(構造躯体を残した全面改装)の工事費

木造・鉄骨構造・鉄筋コンクリート構造の戸建て注文住宅・マンション・事務所ビル・店舗などの(スケルトン)リフォームの工事費は、諸条件により異なりますが、今までのリフォーム工事実績に基づき暫定し、予算立ての参考にして頂いております。

全面改装(スケルトンリフォーム) の場合   約50〜120万円/坪 × 工事床面積ですが、

リフォーム費用は、ご要望、プランニング内容、建材・設備機器のグレード、階数、諸条件等と関係し大きく変動します。


 

リフォームは解体後に不慮の対応が必要となる事も多いため、ご予算より少なめの工事契約金額にしておくと無難です。

リフォーム・リノベーション工事の内容や設備のグレード等の優先順位を付け頂くと共に、資金計画には、余裕をお持ち下さい。

 


 

大阪の設計事務所が創る家・注文住宅の住宅設計は、住み始めてからも愛着がまし共に過ごす時間を楽しんで頂けます。
ビル・マンションの設計、家造り・注文住宅の設計でこだわりの建築を大阪の建築家:無二建築設計事務所と叶えてみませんか。

 

お気軽にご相談(建築相談・設計相談)ください。