HOME > 会社概要:無二建築設計事務所のご挨拶・プロフィール・事務所概要 > 建築家のブログ|人生を彩る舞台を設計する > 2019.11 霜月 (しもつき):建築家のつれづれブログ|大阪の設計事務所:無二建築設計事務所の日々のお伝え

家・住宅設計|大阪の設計事務所・建築家のつれづれブログ
2019年11月

ドイツ:中世の建築・城壁都市|ローテンブルグ

ドイツ:中世の建築・城壁都市|ローテンブルグ

無二建築設計事務所のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

建築設計事務所:建築家・自宅を構築した経験など、さまざまな観点を持った身近なハウスドクターとして、こだわりの家づくり・住宅設計、店舗、マンションやビルなどジャンルを超えた建築設計に携わってきた建築家が、経験から得た知識や感性、趣味など、いろいろ綴っています。

 

年数を経て、いろんな色の幸福を求め進化する《 人生をおくる舞台 》である住宅や建物づくりにお手伝いできる事を、建築家の喜びと誇りに、皆様の笑顔が、より輝けるようお役に立ちたいと思います。

≪ 設計することは日常の観察から。 ≫

 

 

                                            2019.11. 25.  Mon. 

 

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。


白州正子(随筆家)

≪ 日本の自然ほど多くのものが含まれているものはない。
    
その中には、宗教も、美術も、歴史も、
    
文学も、潜在している。≫



ブルーノ・タウト(ドイツの建築家)

≪ 富士山は、自然の創り出した形であるのに、
    
あたかもすぐれた大巨匠の手になる芸術品
    
のように見える。≫



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


78210919_2537981416256207_5096392284874735616_n-9










設計することは日常の観察から



● 朝のバルコニーでの一コマ。

朝起きて家事をする時間は概ね決まっていて、

私だけではなくどの家でも似たような時間帯で、

それぞれの時間を過ごしています。

洗濯物を干しながら、出勤している人を見たり、
私と同じく物干ししたり。
いつもおそらく起き抜けにバルコニーでたばこを吸う人がいるのですが、

今日に限ってはいつもの時間になっても現れない。

その人とはなんの関係もないのですが、どうしたんだろう?と考えてみますと、

今日は12月並みの寒さだそうです。



「だからか。」



…いやちょっと待て、「だからか」ではない。



いつもと同じ時間に今日はバルコニーにいないという事実なだけ。

見たままで勝手に判断してしまっている。

寒いから外に出ていないからかもしれないし、

寝坊したかもしれない、もしかしたら引っ越してしまったのかもしれない、

そもそも起き抜けかどうかも分からないなど、

いろんな場合がある。



そもそもその人のことを知らない。

前提が分からないまま、決めつけようとしていました。



● 要望はすべて言葉に表すことができるのか?

これは設計のときに依頼主との会話でもよくあることです。

依頼主は住まいの依頼に来られて、

夢や希望を要望という形で言葉やイメージを交えてお話ししていただきます。

人生であまりない経験ですので、

戸惑いながら一所懸命に伝えてくださいます。



それを踏まえた上で、その通りに図面にすると、ちょっと待て、となるのです。



夢や希望はそもそも依頼主がそもそもすべて言語化できると思っていないか?

そして、その希望通りに建築することがはたして依頼主のためになることなのだろうか、などです。



依頼主の要望をそのまま図面化するのは、一見よいと思いがちですが、

私たちはそうは思いません。

それであれば、私たちに依頼しなくても直接工務店さんに話せばできますよね。



私たち設計者は、これを踏まえながら、すべて鵜呑みにすることなく、

対話を重ねていき前提条件の整理整頓を行います。

そうすることで、

依頼主が伝え切れていないそれぞれの当たり前や普通・マイルールを気づいていきます。

それでようやく設計ができるのです。



その人を知ることから。



私たちの設計はそういうもので、

存在価値はそこだと考えています。



依頼主の判断基準をつくっていくこと。

これが設計の第一歩と思い取り組んでいます。



設計することは日常の観察から。

埋もれてしまいがちな日々のルーティンワークの中でも、

いかに見逃すことなく判断する目を養っているか。



その感覚を大切に。

そう思いながら生活するのも楽しいものですよ。


そんな日常の変化や違和感を覚えながら、

寒空の中、洗濯物を干して一日を迎えました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



        無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

        ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

    /


富士ゼロックス大阪主催の経営革新セミナー に登壇します。 ≫

 

 

 

                            2019.11. 24.  Sun. 

 

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。


江崎玲於奈(物理学者)

≪ 科学というものは、未知の自然を探求して
    
知識を創造(クリエート)するもの。≫


ベルトルト・ブレヒト(ドイツの劇作家)

≪ 科学の目的は、無限の英知の扉を開く事ではなく、
    
無限の誤謬(ごびゅう)に歯止めをかける事である。≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


keiei_top2-5






富士ゼロックス大阪主催「経営革新セミナー 2019 Autumn:SDGsDAY ~SDGsを学ぶ、生かす~」にて、

11/26「5人のクリエイティブな経営者が考えるSDGsとは」に登壇します。



持続可能な開発のために2015年9月の国連総会で採択されたのが、

2030年に向けた具体的行動指針SDGs、近年の関心の高まりを受け、

どのようにとらえて活動しているかを語ります。


https://www.fujixerox.co.jp/osx/event/keiei1911




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



        無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

        ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

≪ 味噌づくりのセミナーに行ってきました ≫

 

 

          2019.11. 22  Fri. 

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



アルベルト・アインシュタイン(物理学者)

≪無限なものはふたつしかない。
   
宇宙と人間の愚かさだ。
   
そのうち、宇宙については、私にはわからない。≫



マイケル・ベリー(イギリスの物理学者)

≪追求に追求を重ねていくと、
   
物事はどんどん複雑になっていく。

その複雑さこそが楽しみなのだ。≫



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先日、味噌づくりのセミナーに行ってきました。

1グループで作る量は15Kgで参加者3Kgずつ分配します。

数字で書くとこんなものですが、

実際に見るとパン箱いっぱいになるのでびっくりするくらいの大豆や米麹の量でした。


74467674_2531634620224220_3935827984748904448_n--









大豆に水分を含ませ寝かせて、それをふかす。

それをペースト状にして、米麹と食塩を混ぜるわけですが、

相当量となかなかの粘度で力が必要で大変な作業でした。

結構な量の塩に思えましたが、それでも減塩なのだそうです。



そしてつくった味噌は発酵させるのに冷暗所で6ヶ月寝かせます。

すぐには味わえないのですね。




我が家では大体1ヶ月あたり500g程度の消費なので約半年分の味噌をつくったことになります。

それを見越して、半年おきに作らねばと思案中です。



今回の味噌づくりで学んだことは、

味噌をつくるまでの工程というストーリーとそれによる期待感です。



味噌は大豆と麹、食塩でつくることは情報(ことば)として知っていましたが、

あれだけねばっこくなることや力仕事なんだなぁと改めて知ることになります。

市販の味噌はどうやって大量生産してるんだろう、

あの量の麹と塩を混ぜるだけでも均等に混ぜれるんだろうか?などという不思議も出てきます。




なので、作り手の労をねぎらうことはもちろんですが、

ものがどのようにできているのかを知ること、

まして自分もそれに関われば味わいとそれを語ることができたりと、

日々の生活が豊かになります。



これは住まいづくりにも当てはめられます。



私たち設計者が関わる住宅では、

計画や設計から工事竣工まで相当数の時間かかります。



ですが、その時間はうまみを熟成させるために必要な発酵の時間と捉えれば、

人生の中でそうない住まいづくりも楽しみにもなりますし、豊かな生活も送れそうです。

住まい手と設計者が懸命に知恵を出し合い手を取りながらつくりあげるのですから、

おいしくないはずがありません。




住まいとは、一過性の流行を掴んだようなものではなく、

何十年も日常に寄り添う「もの」づくりと考えています。



そんなわけで、

私たちはそれに寄り添えるパートナーでありたいと常々思いながらデザインしています。



#マイホーム #住まい #暮らし #注文住宅 #住宅 #家
#大阪 #設計事務所 #一級建築士
#デザイン #リフォーム #リノベーション #インテリア #和モダン #ミニマル #日本家屋 #界隈
#無二 #幸せにする建築 #建築編集 #建築行脚 #アフォーダンス #アノニマス #工夫 #見立て


#design #architect #japanesemodern




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



        無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

        ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

    /



≪ 健康住宅について ≫

 

 

          2019.11. 16  Sat. 

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



ジョージ・サートン(アメリカの科学史家)

 ≪科学の成果はすべて、

    人間の所産であり、その力の証しである。≫



カール・ベンツ(ドイツの技術者)

 ≪「発明した」より「発明する」のほうが

    はるかに大きな喜びである。≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「健康住宅仕様のマンションはありますか?」

当然のことですが、健康でありたいとはだれしもの願いです。こういう問いかけがあり、

最近は健康に配慮した住まいが求められているのだなと改めて感じました。


76689082_2515907791796903_8159277654294396928_n-98








では、「健康住宅」とはどのようなものでしょうか?

実のところ、言葉としての明確な定義はされていませんが、

以下のものをさしているように思います。


・シックハウスや結露など室内空気環境に配慮した高気密・高断熱化住宅

・自然素材を使った住宅




一般の方々にとっては、「自然素材を使った住宅」のイメージが強いかもしれません。



自然素材を利用した健康住宅の一例↓

/concept/free/sizensozai.html



しかし、私たちはこう考えています。

「自然素材を使うこと=健康」

だけとは限りません。



健康とは、身体的なことはもちろん、こころの問題も大切です。


高齢者住宅を例にとると、介護問題を中心に考えますが、

いかに機能的に介護するかのみに集約されがちです。



私たちは介護する側・される側にとって、

介護以外の時間はどのように住まうことが大切かを合わせて考えます。



それはプランニングによって解決できますし、

素材について自然素材以外の既製品を使うことでストレスを軽減できるかもしれません。

それによって、双方の心のよりどころが生み出せると考えています。



是が非でも自然素材を使うことが大切ではありません。

言葉だけに惑わされないで、

今一度自分にとってはどういう住まいが心も体もリラックスできるかを考えてみてもいいかもしれません。



それが私たちの考えている「健康住宅」です。


バリアフリーや高齢者住宅については↓

/…/ref…/barrierfreereform.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



        無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

        ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

    /

≪ 人を招く家について ≫

 

 

                            2019.11. 06  Wed. 

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



アルベルト・アインシュタイン(物理学者)

≪ 無限なものはふたつしかない。
   
宇宙と人間の愚かさだ。
   
そのうち、宇宙については、私にはわからない。≫



マイケル・ベリー(イギリスの物理学者)

≪ 追求に追求を重ねていくと、
   
物事はどんどん複雑になっていく。
   
その複雑さこそが楽しみなのだ。≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人を招く家について

10月31日はハロウィン。

アイルランドやスコットランドなどでは日本でいう大みそかのようです。

75220727_2502149776506038_3485826514342117376_n-74








ハロウィンは日本ですっかり定着してきましたが、

起源などはさておき日本でのこのようなイベントはいつからでしょうか?

1970年代にキディランドが原宿でパレードを行ったのが始まりといわれていますが、

定着までいっていなかったようです。

1997年に東京ディズニーランドで、

2002年にUSJでイベントを行って以来日本のあちこちで行われ始めたようです。



そして先日お友達家族をお招きしてハロウィンパーティー。

子どもたちは各々仮装して「Trick or Treat」と唱えながらお菓子をもらっていました。
 
 

73187904_2502149783172704_4426110832438411264_n-8


 
 






74583230_2502149769839372_6931559826803654656_n-4











小規模ですが、

自邸ではごく親しい人とパーティーめいたものをたまにしています。

そんなときは念入りに掃除もするし、

何したら喜んでもらえるかなどもてなし方を考えたりと

楽しみながらクリエイションを鍛えられるよい機会となっています。



元々パーティーなど自宅で開催する方ではなかったのですが、

今では不思議と開催しています。

頻繁にお招きするわけではないので、主体は家族です。

パーティのための家をここでは求めていません。



おそらくもてなすときに気楽にしているからに尽きると思っています。

ではなぜ気楽にできているかといえば、

そういう風な家をデザインしたからに他なりません。




この家では、ストイックなミニマルなものではなく、

無骨ながらも繊細な心配りや日常にストレスのこないこの程度でいいという思い切りがきちんと設計できるかどうかを目指しました。

料理に例えると自邸なので、

家庭料理を目指す、一汁一菜でよいを実践していました。

それで十分でした。



これは人それぞれです。

パーティができることがメインなら、

そういう目的をもって設計します。



きちんと設計した家や建築は無二のものづくりであり変化自在です。

みなさんならどんな家でありたいでしょうか?


そんなわけで、人にとっても、家そのものにとっても、

人を招くのは健全でたまにはいいものなのかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

 ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



  無二建築設計事務所

 新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

   ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

    /

≪ ラグビー:戦いが終われば、ノーサイドの精神・紳士のスポーツ ≫

 

 

                                2019.11. 01  Sat.

 

大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)
               
無二建築設計事務所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



ジャック・ウェルチ(アメリカの企業経営者)

≪ 経営者が犯すミスの大半は、現実を直視しないまま

  行動を起こすことによる。≫



カルロス・ゴーン(企業経営者)

≪ 会社の社長は、もっと問題を抱かえているところに、
    
いなければなりません。≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2019年9月20日、『ラグビーワールドカップ2019』が、開幕しました。

この一戦、一戦、見応えのある映像が観る人の心に感動を与えます。


011








その中で、

私は、10月8日に行われたカナダ vs 南アフリカの一戦に心を奪われました。



カナダ代表のジョシュ・ラーセン選手が、

試合中、密集した場所で南アフリカ代表のトーマス・デュトイ選手に

危険なタックルとされる『ショルダーチャージ』をし、

レッドカードで退場となりました。



この試合終了後、ラーセン選手は、相手チームのロッカールームに行きました。



相手チームのトーマス・デュトイ選手に危険なタックルをしてしまったことに対し、

直接に謝罪しに行かれたのです。




ラーセン選手が話した内容は、


『 謝罪をするためにここに来ました。

 レッドカードを出した自分にとてもがっかりしています。

 ここに来て皆さんに直接謝りたかったんです。

 残りの試合、皆さんの健闘を祈っています。』




ラーセン選手は、相手チームのロッカールームに行き、

謝罪の言葉を告げると、

相手チームの選手の方から飲み物を頂き、握手をしを出て行かれました。

素晴らしい事ではないでしょうか。

謝罪に行かれた選手、向かい入れた選手の方々の懐の深さは、凄い!。



プライドの中には、勇気が存在します。

006








ラグビーというスポーツが育む言葉、

・紳士のスポーツ。

・One for all、 All for one。

 (一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために)

・戦いが終われば、ノーサイドの精神。




テレビの映像に感謝致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



   無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

    ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

    /


 

大阪の建築家・女性建築家が創る家・住宅設計は、住み始めてからも愛着がまし、共に過ごす時間を楽しんで頂けると思います。
店舗設計、ビル・マンションの設計、家・住宅の設計でこだわりの建築を大阪の設計事務所:中浦建築事務所と叶えませんか。

お気軽にご相談(建築相談・設計相談)ください。