HOME > 会社概要:無二建築設計事務所のご挨拶・プロフィール・事務所概要 > 建築家のブログ|人生を彩る舞台を設計する > 2019.06 水無月(みなづき):建築家のつれづれブログ|大阪の設計事務所:無二建築設計事務所の日々のお伝え

家・住宅設計|大阪の設計事務所・建築家のつれづれブログ
2019年6月

サクレール寺院

サクレール寺院:ギベール・パリ大司教が計画を提唱し、建築家のアバディが設計を担当

無二建築設計事務所のブログをご覧いただきありがとうございます。

建築家・自宅を建てた経験など、さまざまな観点を持った身近なハウスドクターとして、こだわりの家づくり・住宅設計、店舗・マンション・ビルなどジャンルを超えた新築・リフォームの建築設計に携わってきた建築家が、経験から得た知識や感性、趣味、日々の事をいろいろ綴っています。

 デパートの洋酒売り場でウイスキーのお話を聞きます ≫

 

               2019.06. 24.  Mon.

 

       大阪・関西 |建築設計事務所(建築家)               
                              無二建築設計事務所
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



バラク・オバマ(アメリカの第44代大統領)
  
≪ 武器を置こうと呼びかけるよりも、
    
  武器を取ろうと呼びかけるほうが、
    
  確かに人々の感情をかきたてるでしょう。
    
  しかし、だからこそ、私たちは平和と進歩を求めて、
    
  共に声を上げなければならないのです。≫

 
    2009年4月5日プラハ演説より、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タリスカー

タリスカー









 
 


デパートの洋酒売り場でウイスキーを観ていると販売員の方より、

ウイスキーにまつわる色々なお話を聞かせて頂き、

知識が豊富になり、心の温まり・喜びを感じ得た想いに浸りました。




ウイスキーとは、英国スコットランドで製造されます。




まずは、商品の製造場所からお話が進みました。



アイラ島では、 ボウモア・ラフロイグ

スカイ島では、 タリスカー

ジュラ島では、 アイル・オブ・ジュラなど、





私が常に愛飲しているタリスカーは、

スカイ島唯一の蒸留所で造られています。

まず、パッケージが想いを馳せます。




自然の厳しさ・荒々しい北国の海辺を想わせ、魅力的であります。

味わいは、海とか潮の香りが口中に漂います。




スカイ島の観光拠点:ポートリー(波止場町)の町並みは、

パステルカラーの建築物が建ち並び、

霧、曇天が多いイギリスに明るさを寄与します。





次に製造過程であります、

生成されるにあたり原酒のアルコール度数は、90度くらいであり、

その後樽に寝かされアルコールが蒸発し、

アルコール度数が徐々に落ちて行き大体60度前後に成ると・・・。



この出来上がったアルコール度数が約60度という高アルコールに水で希釈して、

市場に出荷され、現在一般に売られているウイスキーの多くは40度から43度程の物が多いと・・・

約200年の歴史を経ても製造工程は変わっていない

高アルコールの物ほど コルクが傷みやすい・・・




商品価格については、

12年までは熟成しやすいが、それ以上はかなり保存が大変なため、

それ以上の年数になると希少価値が生じ、

数が少なくなるため価格も高くなると・・・




アメリカで施行された禁酒法(1920~1933)により被った損害も大きく、

多くの蒸留所が閉鎖を余儀なくされた

禁酒法を逃れるため 樽に入れて隠して置いた酒を飲んだところ、

思いがけず風味や味が良くなっていたと、

それで、年数の高いお酒ほど価格が高くなったと、・・・



洋酒にまつわる色々な事柄を教えて頂き、

タリスカーを購入させて頂きました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

    ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



        無二建築設計事務所

    新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

        ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

     TEL 06-7165-9331

 都心の住宅で『鳥の鳴き声を聞く』暮らし ≫

 

 

                             2019.06. 03.  Mon.

 

 

       大阪・関西 |建築設計事務所(女性建築家+建築家)               
                              無二建築設計事務所
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NHKテレビテキストの
書籍:『ギフト:~E名言の世界~』、の中の名言集より、
文言をご紹介いたします。



ラマルティーヌ(フランスの詩人)

≪ 祖国があるのはエゴイズムと憎しみだけだ。

  友愛に祖国はない。≫


 
リチャード・ニクソン(アメリカの第37代大統領)

≪ 真の平和とはプロセスである

  世界の国々が争い、

  主義や思惑がぶつかる中で、それらの摩擦を抑え、

  調整していく絶え間ないプロセスなのである。≫



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私どもの住まいでは、時々、多くの種類の鳥の訪問を受けます。

飛来する鳥 (3)



飛来する鳥 (2)







飛来する鳥 (1)




自宅外壁の南面の連窓のアルミサッシ開口部が、高さ約5m・幅約9mにわたりガラス面であります。

公園緑地に面した住宅










また、近くの公園の樹木がガラス面に映ると共に、広めのウッドデッキと中庭があります。


ウッドデッキ



 








中庭


 










このガラスに映る公園の借景に向かって、いろいろな鳥が飛来します。
 
スズメを初め、野バト、メジロ、綺麗なブルー色の撮り、その他いろいろと、
 
時には、サッシのガラス面に体当たりして、傷を負う鳥もいます。
 
中でも、野バトが、ガラス面に体当たりした時は、大きな音が響きます。



この中でも特に、楽しみの一つに、

数年前までは、自宅の前の公園、近隣の庭木にて、ウグイスが鳴いていました。

どこから、やって来るのか・・・。



早朝には、ウグイスの鳴き声で目が覚める日々を送っております。

取りは、当初、『ホー、ホケッキョ』がなかなできなく、・・・

上手に泣くまでには時間がかかるようであります。




近隣の方が、泣き声に聞きほれて、足元を止めておられております。




大阪市の都会の真ん中で、

日々、この様な、鳥の声を聞いて暮らせるとは、思ってもおりませんでした。

自宅のウッドデッキで、コーヒーを飲みながら聞ける贅沢な時間・空間を、

味わっております。



ところが、最近、鳴き声が聞けておりません。

都心の植栽が日々、無くなってきていることに起因するのではと思います。



来年こそ、聞かせてくれる事を臨みます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ≪ 建物は、人生を送るための、舞台であります ≫

 ≪ 建築設計事務所:大阪の建築家 ≫



無二建築設計事務所
 
 
新築・リフォーム: 家づくり・住宅設計

 ビル・マンションの設計



   大阪府大阪市城東区天王田4ー3

    /



大阪の建築家・女性建築家が創る家・住宅設計は、住み始めてからも愛着がまし、共に過ごす時間を楽しんで頂けると思います。
店舗設計、ビル・マンションの設計、家・住宅の設計でこだわりの建築を大阪の建築家:無二建築設計事務所と叶えてみませんか

 

お気軽にご相談(建築相談・設計相談)ください。